今月の月刊京都は? 京都人度チェック! Event・祭事 コラム
創刊号を読む 京の逸品 得々情報 掲示板
「DO YOU KYOTO? ネットワーク」メンバーによる対談「時代の京都を担う若手たち 審美眼 ~京都を・いま・受け継ぐ~」
 京都の伝統文化の若き継承者たちが、自分たちが受け継いでいく仕事のこと、京都の「文化」「環境」「自然」といったテーマを踏まえ、日頃の思い・活動についてざっくばらんに語り合う、対談「次代の京都を担う若手たち 審美眼 ~京都を・いま・受け継ぐ~」が、7月号からスタート。
 毎月、担う分野の違うメンバー同士がいろいろなテーマで語り合い、そこで偶然に生まれる新たな話題への広がりも興味深い読み物となります。伝統文化の紹介とともに、その仕事に携わる心意気や矜恃、京都に対する熱い思いが語られます。
 メンバーの活動や考えを通して示される、新たな価値観やライフスタイルへの探求は、これからの京都だけでなく日本の姿のありようも描き出す魅力に満ちあふれています。
 新しい対談にご期待下さい。
「DO YOU KYOTO? ネットワーク」とは?
 自然と共生する持続可能な暮らしを実践してきた街・京都から、地球温暖化や環境破壊に対する取り組みを進めようと、京都の伝統文化の若き継承者たちが集い、「DO YOU KYOTO?」=「環境にいいことしていますか?」という京都市の理念を基に立ち上げた団体です。
詳しくはこちら→ DO YOU KYOTO?ネットワーク
◆第12回 2012年6月号(2012年5月10日発売)
「審美眼」MITATE
対談「審美眼~京都を・いま・受け継ぐ」の番外編として、藪内家若宗匠紹由氏を中心に、メンバー有志による茶会の企画。
対談のキーワード「審美眼」にちなんで、持ち寄った道具や花、菓子、料理などは、水無月の季節にふさわしい涼一味と愉しみがひそむ茶席となりました。
企画・構成/DO YOU KYOTOネットワーク「審美眼」MITATE実行委員会
◆第11回 2012年5月号(2012年4月10日発売)
・藪内紹由(藪内流若宗匠)
・佐々木晃(佐々木酒造代表取締役)
「おもてなし」をテーマに語り合います。
◆第10回 2012年4月号(2012年3月10日発売)
・山内健也(表具師、株式会社墨申堂)
・中川典子(千本銘木商会常務取締役)
「伝える責任」をテーマに語り合います。
◆第9回 2012年3月号(2012年2月10日発売)
・園部晋吾さん(山ばな平八茶屋二十一代目若主人)
・石田知史さん(ガラス工芸作家)
「継承と挑戦」をテーマに語り合います。
◆第8回 2012年2月号(2012年1月10日発売)
・大谷祥子さん(筝曲家)
・橋本忠樹さん(能楽観世流シテ方)
「古典芸能」をテーマに語り合います。
◆第7回 2012年1月号(2011年12月10日発売)
・千 宗屋さん(武者小路千家一五代次期家元)
武者小路千家官休庵事務局 http://www.mushakouji-senke.or.jp/
・諏訪蘇山さん(四代目 陶芸家)
「地縁が育む美」をテーマに語り合います。
◆第6回 2011年12月号(2011年11月10日発売)
・羽田登喜さん(染色工芸作家)
・桂よね吉さん(落語家)
「見ること」をテーマに語り合います。
◆第5回 2011年11月号(2011年10月11日発売)
・津田佐代子さん(フルート奏者)
・曽和尚靖さん(能楽囃子 幸流小鼓方)
「演奏すること」をテーマに語り合います。
◆第4回 2011年10月号(2011年9月10日発売)
・池坊由紀さん(華道家元池坊 次期家元)
・三木啓樂さん(漆工芸家)
「水」をテーマに語り合います。
◆第3回 2011年9月号(2011年8月10日発売)
・千 宗員さん(表千家若宗匠)
・鈴鹿可奈子さん(聖護院八ツ橋総本店 経営企画室長)
「茶の湯と季節」をテーマに語り合います。
◆第2回 2011年8月号(2011年7月11日発売)
・佐々木晃さん(佐々木酒造代表取締役)
・茂山宗彦さん(大蔵流狂言師、茂山千五郎家)
「兄弟」をテーマに語り合います。
◆第1回 2011年7月号(2011年6月10日発売)
・笹岡隆甫さん(華道「未生流笹岡」次期家元)
・小川勝章さん(作庭家、「造園植治」)
「自然」をテーマに語り合います。